FC2ブログ

目くま解消の豆知識!

目の下のくま・目元のたるみ・目元のしわなど、目元のトラブルを解消するためのスキンケア方法について

茶くまの方、拭き取りクレンジングシートは慎重に!

拭き取りタイプのクレンジングシートは慎重に!
茶クマの色素沈着が悪化することもあります!



3k.gif家に帰ってすぐにメイクを落としたいとき、
便利だからといって、
拭き取りタイプのメイク落としを使っていませんか?

茶くまの悩みをお持ちの方は要注意です!


weth_r_01[1]便利だけど出来れば避けたい拭き取りシートのクレンジング

すぐに洗顔ができない時、とりあえずメイクだけでも落としたい。
そんな場合についつい便利で使ってしまうのが、
拭き取りタイプのクレンジングシート。

でも、茶ぐまの悩みをお持ちの方はご注意ください。

メイクを拭き取る際のシートの刺激が茶ぐまを悪化させる可能性があります。


weth_r_01[1]お肌への刺激は茶くま原因のメラニン色素を増やします!

そもそも茶クマのくすみとは何の色でしょう?
それは、メラニン色素による色素沈着の色です。

茶くまを作らないためには、とにかくメラニン色素を増やさないことが大切!
メラニン色素が増える原因は様々ですが、
特に気をつけたいのが『摩擦』による刺激です。
肌に摩擦が加わると、
刺激から肌を守ろうとしてメラニンが活発になってしまいます。


weth_r_01[1]茶くまを作らないためには『摩擦』をしないことが大切!

『摩擦刺激』となってしまう行為は、日常の中にたくさんあります。
まずは目元を擦る癖やフェイスマッサージなどが思い浮かびまずが、
実は毎日のスキンケア時にも、
知らず知らずのうちに摩擦刺激は起こっています。

クレンジング時の摩擦、洗顔時の摩擦、クリームなど基礎化粧品を塗る時の摩擦、メイク時の摩擦・・・。

茶くまを解消したいのならば、
これらの摩擦を最小限にしなければいけません。

それを考えると、拭き取りタイプのクレンジングシートは直接肌を摩擦してしまいます。
茶くまタイプの方の目元にとって、
シートの摩擦は大きな刺激となります。
今ある茶ぐまが更に濃くなってしまうことがあります。
茶ぐまでお悩みの方は、
どうしてもという場合以外、クレンジングシートは避けた方が無難です。


4j.gif
1x.gif










logo2kk.gif

weth_r_01[1]>>失敗しない!目クマ隠しのコンシーラー選び⇒
目元のくまを消そうとコンシーラーを塗ったけど、きれいに仕上がらない・・・クマがかえって目立ってしまった・・・ヨレてしわしわになってしまった・・・と、コンシーラーでうまくクマを消せずに困ったという方は多いと思います。簡単そうに思えて、意外とうまく使いこなせないのがコンシーラーです。特に目元のカバーに使う場合は失敗が多いものです・・・・・・・

weth_r_01[1]>>茶くまの改善は長期的に考えましょう!⇒
茶くまの原因は皮膚の色素沈着ですから、それが改善されるにはお肌の生まれ変わりが必要です。適切なスキンケアで新陳代謝を促しターンオーバーを繰り返していくうちに、色素沈着も薄くなっていきます。ただし、お肌の生まれ変わり周期は、若い方でも28日周期、30代から40代では45日程度かかると言われています。ですから対策ケアをしたからといってすぐに結果が出るわけではありません・・・・・・・

weth_r_01[1]>>「疲れ目予防」は「目クマ予防」!⇒
目の疲れは血行を悪くします!目に疲れがたまると、目元がどんよりとくすんで見えます。これは、眼精疲労によって、目の周りの毛細血管の流れが悪くなっているからです。目の周りの血行が悪くなると、見た目の血色も悪くなり、くすみやクマが現れるのです。・・・・・・・

weth_r_01[1]>>目元のクマはなぜ青いの? ⇒
青くまの青色の正体とは? それは、目元にうっ血した血液の色です。私たちの体には、たくさんの毛細血管が通っていて、特に目の周りには集中しています。その毛細血管の血流が、様々な原因によって滞った状態になると、血液は酸素不足を起こし、赤色から黒っぽい色へと変色してしまいます。その変色した血液が目元の薄い皮膚を通して透けて見えている状態が「青くま」なのです・・・・・・・

weth_r_01[1]>>「青くま」かな?「茶くま」かな?迷った時の簡単な見分け方⇒
自分の目クマは「青くまなのか?」「茶くまなのか?」迷っていませんか?時に判断がつきにくいのが「青くま」と「茶くま」です。その簡単な見分け方をご紹介します。青くまと茶くまではその対策方法が全く違うために正しい判断が必要です。間違ったケアは今の目くまを更に悪化させることもあるので慎重に!まずは、自分の目クマがどのタイプにあたるのか?これを正確に判断することが目くまケアの第一歩です・・・・・・・


美容
関連記事

TRACKBACK▼

http://mekumacare.blog.fc2.com/tb.php/31-42b930f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

*****

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR