FC2ブログ

目くま解消の豆知識!

目の下のくま・目元のたるみ・目元のしわなど、目元のトラブルを解消するためのスキンケア方法について

茶クマがなかなか治らない人は指加減に注意!

「指の力加減」一歩間違えるととてもキケン!
茶クマがなかなか治らない人は要注意!



3k.gif毎日のスキンケアをしている時、
指の力加減には気をつけていますか?

多くの方は、特に指づかいを気にすることなく、
化粧品を塗ったりマッサージをしたりしていると思います。
でも実は、この「指の力加減」というのは思わぬトラブルの原因になるのです!


weth_r_01[1]意外と力が入ってしまう「指づかい」

乳液や美容液などを塗る時に何気なく使っている指。
実はその力加減によってはお肌にトラブルを引き起こしてしまいます。
必要以上に強く押したり摩擦したり皮膚をひっぱったりすると、
色素沈着やくすみ、しわ、たるみなどを招く原因になります。

その力加減はプロでも難しいといいますが、素人ならばなおさらです。
自分では軽く使っているつもりでも、
知らず知らずのうちに力が入ってしまうのです。
クリームを塗っている時の顔を鏡でチェックしてみましょう。
お肌が縦に横に変形するほど強く押し塗ってはいませんか?


weth_r_01[1]茶くまの方は特に指の力加減に気をつけましょう!

茶クマの原因の1つは皮膚の摩擦による色素沈着です。
茶くまがなかなか治らないとお悩みの方は、
今一度、スキンケア時の指の力加減を気にしてみましょう。

目元の皮膚というのは他のどの部分よりも薄くてデリケートです。
スキンケア時の何気ない摩擦や刺激が茶くまの色素沈着を引き起こします。
新たに茶クマをつくってしまったり今ある茶くまを濃くしてしまったり。
化粧品を塗る時、マッサージをする時の力加減には十分に気をつけましょう。


weth_r_01[1]力の入りにくい『薬指』を使いましょう!

力を入れているつもりがなくても、ついつい力が入ってしまうのが指使いです。

乳液やクリームを塗る時には、力の入りにくい薬指を使うのがおすすめです。
中指や人差し指を使った時に比べると、
力の入りにくい薬指は最後までソフトにケアができます。
それも、「塗る」のではなく、
優しく「なじませる」「のせる」という感覚で行いましょう。

茶くまがなかなか治らないと言う方は、
優しい薬指ケアを取り入れてみて下さい。


                                   3q.gif












logo2kk.gif

weth_r_01[1]>>慢性的な肩凝りは目クマやくすみの原因に!⇒
クマのない明るい目元、くすみのない顔色のためには「血行の良さ」がとても大切です。しかし、慢性的に肩こりの悩みを持っている人は、肩から首にかけての血行が滞りがちになっています。血液やリンパの流れが悪くなっていると、十分な酸素や栄養がお顔に行きわたらなくなってしまいます。その結果、顔色が冴えずにくすんで・・・・・

weth_r_01[1]>>茶くまの改善はあせらず長期的で考えましょう!⇒
茶隈の改善には時間がかかります。茶ぐまの原因は皮膚の色素沈着ですから、それが改善されるにはお肌の生まれ変わりが必要です。適切なスキンケアで新陳代謝を促しターンオーバーを繰り返していくうちに、色素沈着も薄くなっていきます。ただし、お肌の生まれ変わり周期は、若い方でも28日周期、30代から40代では45日程度かかると言われて・・・・・

weth_r_01[1]>>目くまを悪化させる紫外線⇒
忘れてはいけないのが紫外線によるダメージです。紫外線を浴びると、目元にメラニンが増加します。そのメラニンがすんなりと剥がれてくれればよいのですが、そのまま色素沈着を起こしてしまうと茶色くくすんだ「茶グマ」を作ってしまう可能性が・・・・・

weth_r_01[1]>>「青くま」かな?「茶くま」かな?と、迷った時の簡単な見分け方⇒
自分の目クマは「青くまなのか?」「茶くまなのか?」迷っていませんか?時に判断がつきにくいのが「青くま」と「茶くま」です。その簡単な見分け方をご紹介します。青ぐまと茶ぐまではその対策方法が全く違うために正しい判断が必要です。間違ったケアは今の目くまを更に悪化させることもあるので慎重に!・・・・・

weth_r_01[1]>>茶くまとは?茶くまの症状・原因・解消法について⇒
茶くまとは、目の下が黄色がかったり、茶色がかったりしているタイプの目くまを言います。茶くまの特徴は、常にくまが現れていることです。体調の良し悪しにかかわらず、常に目の下に茶色いくまが出ている場合は茶くまと判断できます・・・・・

美顔器でクマ知らず
関連記事

 | ホーム | 

*****

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR