FC2ブログ

目くま解消の豆知識!

目の下のくま・目元のたるみ・目元のしわなど、目元のトラブルを解消するためのスキンケア方法について

青くまのお悩みは、一にも二にも血行が大事!

青くまのお悩みは、一にも二にも血行が大事!
血行良好で目くまナシの毎日を送りましょう!


3k.gif 青くまの悩みから解放されるためには、何が大切でしょうか?
それは、一にも二にも、「血行を良くすること」です。

毎日の生活を見直して、
「青くまを出さない」ための行動をしましょう!

weth_r_01[1] そもそも青クマはなんで出る?
青くまの青色というのは、実は血液の色です。
目の周りにたくさんある毛細血管の血流が滞ると、
血液の色は本来のきれいな赤色から黒っぽいものへと変わります。
その黒ずんだ血液が目元の皮膚を通すと「青いくま」となってみえてしまうのです。(ちなみに、血行が良くで血液が赤い場合は「血色が良く」見えます)


weth_r_01[1] ならば、どうすればいい?
答えは簡単ですね!
青くまを解消するには血流を良くすればいいのです。


weth_r_01[1] どうやって目元の血流を良くする?日常のヒント
ポイントは、目の周りだけでなく、全身の血行を良くするということです。

まずは、日々の体調をととのえましょう。
夜更かしして寝不足ではありませんか?疲れはたまっていませんか?
体調が今ひとつという時は血流も滞りがちになっています。
規則正しい生活や食事で体を整えることは基本中の基本です。

1日1回、体がポカポカするくらい体を動かしましょう。
でも、運動をする時間もないし・・・、と思われた方、
特別なことは必要ありません。
日常生活の中でできるだけ「体を動かす」ことを心がけてみましょう。
エレベーターを使わずに階段を使うようにする。
駅までの道を早足で歩いてみる。
こまめにくるくる動いて家事をする、など。
日常の生活を工夫すれば、十分に体がポカポカ温まります。

疲れ目の放置もいけません。
目が疲れたなと感じる時は、目の周りの血行も悪くなっています。
触ってみると目の周りが冷たくなってはいませんか?
日々のPC作業やスマホなどは、適度な休憩を入れて行いましょう。

このように、日々の生活の中で見直すべき点はたくさんあります。
つまり、目くま改善の余地はたくさんあるということです!


4j.gif
1x.gif



広告






logo2kk.gif

weth_r_01[1]>>「青くま?」「茶くま?」どっちか迷った時の簡単な見分け方⇒
自分の目クマは「青くまなのか?」「茶くまなのか?」迷っていませんか?時に判断がつきにくいのが「青くま」と「茶くま」です。その簡単な見分け方をご紹介します。「青くま」と「茶くま」の対策方法は異なります。くれぐれもその判断は慎重に行いましょう・・・・・・

weth_r_01[1]>>紫外線で、茶くまを作らない・濃くしない!⇒
紫外線による刺激は茶くまの原因に!茶くまの原因は目元の皮膚の色素沈着です。紫外線を浴びることによる刺激やダメージ、メラニンの増加は色素沈着をまねいて茶くまをつくる原因のひとつとなります。茶くまを作りたくない、今ある目のクマを濃くしたくないという方は、しっかりとUVケアをすることが大切です・・・・・・

weth_r_01[1]>>鉄分不足も目くまの原因になります!食事にも気をつけましょう!⇒
貧血も目くまの原因になります!目の下の「青くま」は、目元の血行不良が原因となって現れます。鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血の場合にも、貧血による血行不良から青くまが現れることがあります。十分な睡眠と休息をとっているのに、クマが現れてしまう場合には貧血が隠れている可能性もあります・・・・・・

weth_r_01[1]>>目元の乾燥は目クマを濃く見せます!⇒
お肌は、乾燥して潤いが無くなってくるとくすみが出てきます。目元はとくに皮膚が薄くて乾燥しやすい部分です。もともとある茶くまは一層くすんで見えます。また、青くまや影くまがある場合にも、もともとの目元の暗さに加え、乾燥によるくすみが更に加わって一層クマが濃く見えてしまうのです・・・・・・

weth_r_01[1]>>1日1回の入浴タイムは絶好の目クマ解消タイム! ⇒
入浴時は絶好の目くま解消タイム!そこで、毎日必ず入る入浴の時間を目クマ解消タイムにしてみましょう!入浴は誰もが1日の最後に行っている日課です。それを「血行促進タイム」にしてしまえば良いのです。シャワーだけで済ませずに、しっかりと湯船に浸かって入浴をしましょう。ゆったりと湯船につかる入浴法は、全身がリラックスし、体の芯から温まることができる一番簡単な・・・・・・
ツムラ
関連記事

 | ホーム | 

*****

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR