目くま解消の豆知識!

目の下のくま・目元のたるみ・目元のしわなど、目元のトラブルを解消するためのスキンケア方法について

アイメイクは専用のリムーバーでクレンジングを!

茶クマの悪化・改善は毎日の積み重ねです!
アイメイクは専用のリムーバーでクレンジングを!



3k.gif最近のおしゃれメイクは、
目元にポイントが置かれることが多くなりましたね。

茶くまでお悩みの方にとって「しっかりメイク」はちょっと負担が大きいかな?

でもおしゃれは止められないし・・・

せめて「しっかりメイク」を落とす時には、
負担がかからないようにしてあげましょう。


weth_r_01[1]茶くまは刺激を与えないことが大切!

茶くまの方はできるだけ目元に刺激をあたえないことが大切です。
クレンジングの際にもできるだけ摩擦は避けるように気を配りましょう。

メイクを落とす時は、顔全体を一緒に済ませようとせず、
クレンジング剤を2種類用意して、
「顔全体」と「目元」に分けて落とすことをおすすめします。
一般的なクレンジングで顔全体を目元のメイクは専用のリムーバーで落とすようにしましょう

weth_r_01[1]専用リムーバーで目元に必要以上の摩擦刺激を与えない!

一般的なクレンジング剤だけで全てを落とそうとすると、
アイメイクをきれいに落とすまでに時間がかかり、
目元に必要以上の刺激を与えてしまいます。

目元に与える摩擦刺激のリスクを考えると、
面倒でも皮膚が薄いアイメイク部分は専用のリムーバーを使うようにしましょう。
お肌に負担をかけずに優しく短時間でメイクを落とすことができます。

なんと言っても、頬や額と目元の皮膚ではその薄さとデリケートさが違います!
ファンデーションとアイシャドウでも材料として使われている成分が違います。
何でも一緒というよりも、それぞれに適したもので負担なく確実に落とすことが大切です。

手間はかかってしまいますが、

専用リムーバーによる「アイメイク」⇒
メイク落としによる「全体メイク」

の順でお化粧を落としていきましょう。

小さなことのようですが、
茶くまというのは毎日のこうした積み重ねの結果です。
ちょっとした心がけでくすみが濃くなって悪化もするし、
明るい目元へと回復にも向かいます。



4j.gif
1x.gif















logo2kk.gif

weth_r_01[1]>>茶くまの方、拭き取りクレンジングシートは慎重に!⇒
すぐに洗顔ができない時、とりあえずメイクだけでも落としたい。そんな場合についつい便利で使ってしまうのが、拭き取りタイプのクレンジングシート。でも、茶ぐまの悩みをお持ちの方はご注意ください。メイクを拭き取る際のシートの刺激が茶ぐまを悪化させる可能性があります。お肌への刺激は茶くま原因のメラニン色素を増やします・・・・・

weth_r_01[1]>>保湿強化で目クマを目立たなくしましょう!⇒
目元の乾燥はクマを濃く見せます!お肌は、乾燥して潤いが無くなってくるとくすみが出てきます。目元はとくに皮膚が薄くて乾燥しやすい部分です。もともとある茶くまは一層くすんで見えます。また、青くまや影くまがある場合にも、もともとの目元の暗さに加え、乾燥によるくすみが更に加わって一層クマが濃く見えてしまうのです・・・・・

weth_r_01[1]>>眼精疲労はくすみやクマの原因になります!⇒
目の疲れは血行を悪くします!目に疲れがたまると、目元がどんよりとくすんで見えます。これは、眼精疲労によって、目の周りの毛細血管の流れが悪くなっているからです。目の周りの血行が悪くなると、見た目の血色も悪くなり、くすみやクマが現れるのです。■眼精疲労をためないことが大切!目元にくすみやクマを作らないためには、眼精疲労をためないことが大切です・・・・・

weth_r_01[1]>>目くまタイプの簡単な見分け方⇒
目元のくまで悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。でも、皆さんが同じ症状で悩んでいるとは限りません。目の下のくまには種類があるからです。「青くま」「茶くま」「影くま」の3タイプに分類され、それぞれ、症状や原因、対策方法が異ります。目クマケアをしているのに、なかなか改善しない場合は対策方法が間違っているのかもしれません。目くまケアで一番大切なのは、自分の目くまタイプを正しく把握することです。簡単な判断方法をご紹介します・・・・・

weth_r_01[1]>>失敗しない!目クマ隠しのコンシーラー選び⇒
コンシーラーの種類はたくさんあります。その中でも、目くまをカバーしたい時には、『柔らかいテクスチャー』のコンシーラーを選びましょう。リキッドタイプやクリームタイプがおすすめです。硬めのコンシーラーは粉成分が多く含まれています。カバー力には優れていますが、粉成分が多い分「ヨレやすい」という欠点があるのです。動きが激しい目元に使うとヨレてしまい、かえって目のクマを目立たせてしまいます・・・・・

ファンケル

茶くまの方、拭き取りクレンジングシートは慎重に!

拭き取りタイプのクレンジングシートは慎重に!
茶クマの色素沈着が悪化することもあります!



3k.gif家に帰ってすぐにメイクを落としたいとき、
便利だからといって、
拭き取りタイプのメイク落としを使っていませんか?

茶くまの悩みをお持ちの方は要注意です!


weth_r_01[1]便利だけど出来れば避けたい拭き取りシートのクレンジング

すぐに洗顔ができない時、とりあえずメイクだけでも落としたい。
そんな場合についつい便利で使ってしまうのが、
拭き取りタイプのクレンジングシート。

でも、茶ぐまの悩みをお持ちの方はご注意ください。

メイクを拭き取る際のシートの刺激が茶ぐまを悪化させる可能性があります。


weth_r_01[1]お肌への刺激は茶くま原因のメラニン色素を増やします!

そもそも茶クマのくすみとは何の色でしょう?
それは、メラニン色素による色素沈着の色です。

茶くまを作らないためには、とにかくメラニン色素を増やさないことが大切!
メラニン色素が増える原因は様々ですが、
特に気をつけたいのが『摩擦』による刺激です。
肌に摩擦が加わると、
刺激から肌を守ろうとしてメラニンが活発になってしまいます。


weth_r_01[1]茶くまを作らないためには『摩擦』をしないことが大切!

『摩擦刺激』となってしまう行為は、日常の中にたくさんあります。
まずは目元を擦る癖やフェイスマッサージなどが思い浮かびまずが、
実は毎日のスキンケア時にも、
知らず知らずのうちに摩擦刺激は起こっています。

クレンジング時の摩擦、洗顔時の摩擦、クリームなど基礎化粧品を塗る時の摩擦、メイク時の摩擦・・・。

茶くまを解消したいのならば、
これらの摩擦を最小限にしなければいけません。

それを考えると、拭き取りタイプのクレンジングシートは直接肌を摩擦してしまいます。
茶くまタイプの方の目元にとって、
シートの摩擦は大きな刺激となります。
今ある茶ぐまが更に濃くなってしまうことがあります。
茶ぐまでお悩みの方は、
どうしてもという場合以外、クレンジングシートは避けた方が無難です。


4j.gif
1x.gif










logo2kk.gif

weth_r_01[1]>>失敗しない!目クマ隠しのコンシーラー選び⇒
目元のくまを消そうとコンシーラーを塗ったけど、きれいに仕上がらない・・・クマがかえって目立ってしまった・・・ヨレてしわしわになってしまった・・・と、コンシーラーでうまくクマを消せずに困ったという方は多いと思います。簡単そうに思えて、意外とうまく使いこなせないのがコンシーラーです。特に目元のカバーに使う場合は失敗が多いものです・・・・・・・

weth_r_01[1]>>茶くまの改善は長期的に考えましょう!⇒
茶くまの原因は皮膚の色素沈着ですから、それが改善されるにはお肌の生まれ変わりが必要です。適切なスキンケアで新陳代謝を促しターンオーバーを繰り返していくうちに、色素沈着も薄くなっていきます。ただし、お肌の生まれ変わり周期は、若い方でも28日周期、30代から40代では45日程度かかると言われています。ですから対策ケアをしたからといってすぐに結果が出るわけではありません・・・・・・・

weth_r_01[1]>>「疲れ目予防」は「目クマ予防」!⇒
目の疲れは血行を悪くします!目に疲れがたまると、目元がどんよりとくすんで見えます。これは、眼精疲労によって、目の周りの毛細血管の流れが悪くなっているからです。目の周りの血行が悪くなると、見た目の血色も悪くなり、くすみやクマが現れるのです。・・・・・・・

weth_r_01[1]>>目元のクマはなぜ青いの? ⇒
青くまの青色の正体とは? それは、目元にうっ血した血液の色です。私たちの体には、たくさんの毛細血管が通っていて、特に目の周りには集中しています。その毛細血管の血流が、様々な原因によって滞った状態になると、血液は酸素不足を起こし、赤色から黒っぽい色へと変色してしまいます。その変色した血液が目元の薄い皮膚を通して透けて見えている状態が「青くま」なのです・・・・・・・

weth_r_01[1]>>「青くま」かな?「茶くま」かな?迷った時の簡単な見分け方⇒
自分の目クマは「青くまなのか?」「茶くまなのか?」迷っていませんか?時に判断がつきにくいのが「青くま」と「茶くま」です。その簡単な見分け方をご紹介します。青くまと茶くまではその対策方法が全く違うために正しい判断が必要です。間違ったケアは今の目くまを更に悪化させることもあるので慎重に!まずは、自分の目クマがどのタイプにあたるのか?これを正確に判断することが目くまケアの第一歩です・・・・・・・


美容

茶クマがなかなか治らない人は指加減に注意!

「指の力加減」一歩間違えるととてもキケン!
茶クマがなかなか治らない人は要注意!



3k.gif毎日のスキンケアをしている時、
指の力加減には気をつけていますか?

多くの方は、特に指づかいを気にすることなく、
化粧品を塗ったりマッサージをしたりしていると思います。
でも実は、この「指の力加減」というのは思わぬトラブルの原因になるのです!


weth_r_01[1]意外と力が入ってしまう「指づかい」

乳液や美容液などを塗る時に何気なく使っている指。
実はその力加減によってはお肌にトラブルを引き起こしてしまいます。
必要以上に強く押したり摩擦したり皮膚をひっぱったりすると、
色素沈着やくすみ、しわ、たるみなどを招く原因になります。

その力加減はプロでも難しいといいますが、素人ならばなおさらです。
自分では軽く使っているつもりでも、
知らず知らずのうちに力が入ってしまうのです。
クリームを塗っている時の顔を鏡でチェックしてみましょう。
お肌が縦に横に変形するほど強く押し塗ってはいませんか?


weth_r_01[1]茶くまの方は特に指の力加減に気をつけましょう!

茶クマの原因の1つは皮膚の摩擦による色素沈着です。
茶くまがなかなか治らないとお悩みの方は、
今一度、スキンケア時の指の力加減を気にしてみましょう。

目元の皮膚というのは他のどの部分よりも薄くてデリケートです。
スキンケア時の何気ない摩擦や刺激が茶くまの色素沈着を引き起こします。
新たに茶クマをつくってしまったり今ある茶くまを濃くしてしまったり。
化粧品を塗る時、マッサージをする時の力加減には十分に気をつけましょう。


weth_r_01[1]力の入りにくい『薬指』を使いましょう!

力を入れているつもりがなくても、ついつい力が入ってしまうのが指使いです。

乳液やクリームを塗る時には、力の入りにくい薬指を使うのがおすすめです。
中指や人差し指を使った時に比べると、
力の入りにくい薬指は最後までソフトにケアができます。
それも、「塗る」のではなく、
優しく「なじませる」「のせる」という感覚で行いましょう。

茶くまがなかなか治らないと言う方は、
優しい薬指ケアを取り入れてみて下さい。


                                   3q.gif












logo2kk.gif

weth_r_01[1]>>慢性的な肩凝りは目クマやくすみの原因に!⇒
クマのない明るい目元、くすみのない顔色のためには「血行の良さ」がとても大切です。しかし、慢性的に肩こりの悩みを持っている人は、肩から首にかけての血行が滞りがちになっています。血液やリンパの流れが悪くなっていると、十分な酸素や栄養がお顔に行きわたらなくなってしまいます。その結果、顔色が冴えずにくすんで・・・・・

weth_r_01[1]>>茶くまの改善はあせらず長期的で考えましょう!⇒
茶隈の改善には時間がかかります。茶ぐまの原因は皮膚の色素沈着ですから、それが改善されるにはお肌の生まれ変わりが必要です。適切なスキンケアで新陳代謝を促しターンオーバーを繰り返していくうちに、色素沈着も薄くなっていきます。ただし、お肌の生まれ変わり周期は、若い方でも28日周期、30代から40代では45日程度かかると言われて・・・・・

weth_r_01[1]>>目くまを悪化させる紫外線⇒
忘れてはいけないのが紫外線によるダメージです。紫外線を浴びると、目元にメラニンが増加します。そのメラニンがすんなりと剥がれてくれればよいのですが、そのまま色素沈着を起こしてしまうと茶色くくすんだ「茶グマ」を作ってしまう可能性が・・・・・

weth_r_01[1]>>「青くま」かな?「茶くま」かな?と、迷った時の簡単な見分け方⇒
自分の目クマは「青くまなのか?」「茶くまなのか?」迷っていませんか?時に判断がつきにくいのが「青くま」と「茶くま」です。その簡単な見分け方をご紹介します。青ぐまと茶ぐまではその対策方法が全く違うために正しい判断が必要です。間違ったケアは今の目くまを更に悪化させることもあるので慎重に!・・・・・

weth_r_01[1]>>茶くまとは?茶くまの症状・原因・解消法について⇒
茶くまとは、目の下が黄色がかったり、茶色がかったりしているタイプの目くまを言います。茶くまの特徴は、常にくまが現れていることです。体調の良し悪しにかかわらず、常に目の下に茶色いくまが出ている場合は茶くまと判断できます・・・・・

美顔器でクマ知らず

 | ホーム |  »

*****

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR